診療時間

診療時間外来受診表

診療時間の詳細(PDF)

  • 休診のお知らせ
    休診日 時間帯 科目
    01/30(月) 午前 泌尿器科(香川 医師)は午前休診となります。
    01/31(火) 午前 泌尿器科(香川 医師)は終日休診となります。
    02/02(木) 午前 泌尿器科(香川 医師)は終日休診となります。
    02/06(月) 午前 泌尿器科(香川 医師)は終日休診となります。
  • 診療時間のお知らせ
  • 整形外科
     
    午前  
    午後  
    診療科ページへ
  • 内科
     
    午前    
    午後  
    診療科ページへ
  • 耳鼻咽喉科
     
    午前      
    午後        
    診療科ページへ
  • 脳神経外科
     
    午前          
    午後        
    診療科ページへ
  • 泌尿器科
     
    午前      
    午後      
    診療科ページへ
  • 形成外科
     
    午前            
    午後            
    診療科ページへ
  • 皮膚科
     
    午前            
    午後              
    診療科ページへ
  • 外科(乳腺・甲状腺 乳がん検診)
     
    午前              
    午後        
    診療科ページへ
  • 歯科
     
    午前  
    午後  
    診療科ページへ
  • 眼科
     
    午前          
    午後          
    診療科ページへ

院長のささやき

2023年01月11日

言論界 最強の立ち位置とは

最近、言論系の番組(テレビ・ Youtube等)が目立つ。

コロナショックで人心が不安定担っている関係もあるのだろう、世界的に攻撃的なメッセージを出す人が増えた。

揚げ足を取っていろいろまとめて”これってどうなんすかねェ”というパターンに人気がある。

こういう方、だいたい因果応報的にカウンターパンチを食らうので、静観でいいような気がする。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

とはいえ、世知辛いこの世の中。

私は、思想の基軸と運用で、どういう人が“強い”のか、いろいろと観察してきた。

 

多くの場合、思想の基軸を右と左に分け、“右派” 左派”に分類される。

だいたい、こんな感じ、である。

【右派・右翼】

保守派、コンサバティブなどとも呼ばれるように、古くからの伝統や習慣、制度、社会組織、考え方などを尊重する立場。

【左派・左翼】

急進的、革新的、あるいは革命的な政治勢力や人を指し、社会主義的、共産主義的傾向の人や団体など革新派、リベラルとも呼ばれる。「より平等な社会を目指すための社会変革を支持する層」とも定義される。

「政経電論」より

 

・・・・・・・・・・・・・

 

医療業界は、“左派のスタンス でも自分のテリトリーは超保守”という人が、ひじょうに多い。

つながろう!弱者支援!などの基本的フレームを持たれている。

“リベラルないいひと” である。

しかし自分のテリトリーに係る問題となると態度が豹変、はリベラルの真逆・・・

ゴリゴリの伝統・保守・上下関係を強要し、必死で自分のテリトリーを守ろうとする。

 

自分のテリトリーまでリベラルであれば尊敬に値するし、傾聴できるのだが、ほとんどはエセレフトである。あ、サブイボが・・・

尊敬できないし、言論スタンスの参考にもなりません。却下。

 

・・・・・・・・・・・・・

 

そんな中、先日、これは言論界のスタンスとして最強ではないか!?という方とお話をした。

その方は医療者なのであるが、上記一般医療者とは、真逆!である。

”オレ、完全に右なんよ”と、その先生はまずおっしゃられる。

文句があるならかかってこい!と。たしかに、Vシネ並の仁義を重んじる方である。

が、その一方で・・・

“新しくがんばっていくやつ、応援していかなアカンよな~”

そのために、いろいろと事前に僕ができることはするんよ、と。

“オレ、けっこうリベラルなんよ(ニヤリ)”

 

その時、私は直感した。

この人は、最強である。そして尊敬できる。

エセレフトの真逆の生き方、である。

最強の右バッター、でも左打席にも立てるよ・・・

“左”でも打てる、落合博満だ・・・

 

 

 

右打席の地に足をつけ、同時にリベラルを知り、必要あればサポートする・・・

左打席で異様なオーラを放つ落合博満を妄想しながら、最強、いや“最凶”であることを確信した。

 

まあ、私自身は、ネコにもバカにされるので、スタンスもへったくれもないですけど。

まずは“送りバント”の練習ですかね。