診療時間

診療時間外来受診表

診療時間の詳細(PDF)

  • 休診のお知らせ
    休診日 時間帯 科目
    03/04(月) 午前 泌尿器科(香川 医師)は終日休診となります。
    03/11(月) 午前 内科(近藤直樹 医師)は終日休診となります。
    03/13(水) 午後 形成外科(内田 医師)は午後休診となります。
    03/29(金) 午前 耳鼻科(竹本 医師)は終日休診となります。
  • 診療時間のお知らせ
  • 整形外科
     
    午前  
    午後  
    診療科ページへ
  • 内科
     
    午前  
    午後  
    診療科ページへ
  • 耳鼻咽喉科
     
    午前      
    午後        
    診療科ページへ
  • 脳神経外科
     
    午前          
    午後        
    診療科ページへ
  • 泌尿器科
     
    午前      
    午後      
    診療科ページへ
  • 形成外科
     
    午前            
    午後            
    診療科ページへ
  • 皮膚科
     
    午前            
    午後              
    診療科ページへ
  • 外科(乳腺・甲状腺 乳がん検診)
     
    午前              
    午後        
    診療科ページへ
  • 歯科
     
    午前  
    午後  
    診療科ページへ
  • 眼科
     
    午前          
    午後          
    診療科ページへ

院長のささやき

2023年12月06日

2023年 アーチストの訃報相次ぐ

2023年も大詰めです。

振り返ると、ショック!・・・

多くのアーチストが、お亡くなりになっています。

一部ですが、ご紹介します。

 

◯ 80歳以上

アストラッド・ジルベルト 享年83

ティナ・ターナー 享年83

犬塚弘(クレイジーキャッツ) 享年94

トニー・ベネット 享年96

 

☆コメント

ティナ・ターナーの自伝映画”TINA”を、観たことがあります。

夫のDV,裏切り、宗教etc.・・・

この世代、超絶にパワフルな方々です。合掌。

↑ ↑ ティナ・ターナー ”TINA” ↑ ↑

パワーみなぎるライブ!!

そして壮絶な人生!!

 

 

◯ 75-80歳

ジェーン・バーキン 享年76

ジェフ・ベック 享年78

 

 

☆コメント

バーキンのアルバムを購入した記憶があるが、歌の記憶がほぼナシ・・・

エルメスの”バーキン”バッグのイメージが非常に強いです。

ジェフ・ベックは、超絶すぎてよくわからなかった・・・

あ、そうだ!学生時代、東京にライブがあって、友人が行ったと自慢してました。

 

↑ ↑ ジェフ・ベック ”LIVE IN TOKYO 1999″ ↑ ↑

ベースもドラムも、すごい・・・

ちょっと次元が違う感じです。

 

 

◯ 70-74歳

高橋幸宏(YMO) 享年70

ボビー・コールドウェル 享年71

坂本龍一  享年71 

もんたよしのり 享年72 

大橋純子 享年73歳

PANTA(頭脳警察) 享年73

谷村新司 享年74 

鮎川誠(シーナ&ロケッツ) 享年74

 

 

☆コメント

錚々たる方々の早逝・・・悲しいです。

私的に押しなのは、やっぱり大橋純子さんでしょうか。

といっても、ほぼ1曲限定で大好き、だったんですが。

大学で東京から岡山に車で帰る時、何回も巻き戻しした記憶があります。

 

↑ ↑ 大橋純子 ”愛は時を越えて” ↑ ↑

全盛期の大橋さんライブ画像。

超絶な歌唱力・・・脱帽です。

 

◯ 60-69歳

KAN 享年61 

☆コメント

う~ん合掌。

 

◯ 50-59歳

恒岡 章 享年51

HEATH (XJAPAN) 享年55

チバユウスケ(The Birthday) 享年55

シネイド・オコナー 享年56

櫻井敦司 享年57 

 

 

☆コメント

さらに錚々たる方々の早逝・・・

ほんとうに悲しいです。

この中ではやはり、チバユウスケさんが最もショック・・・

 

↑ ↑ The Birthday “青空” ↑ ↑

お前の未来は きっと青空だって 

言ってやるよ・・・

 

 

“俺は曲に希望を込めてるつもりなんだよ”

チバさん・・・

たくさん曲を残されているので、またじっくり聴いてみようと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

アーチストは、体をけずる仕事なんでしょうか、早逝が多いですね。

合掌、です。

残された楽曲を聴いて、いろいろと考えてみようと思いました。